精力減退を防ぐためのパートナーと協力するべき

精力減退を防ぐためには、パートナーとの協力が欠かせません。セックスは相手がいてはじめて成り立つ行為なので、自分ひとりの問題ではないのです。男性が勃起できなければ、男性自身が感じる快感も弱くなりますし、女性にも影響を与えてしまいます。女性がオーガズムを感じるためには、男性のペニスサイズと硬度がポイントとなります。半立ち状態のペニスを挿入されても、強い快感を得ることは難しいでしょう。
加齢による精力減退を抑えるためには、生活を正すしかありません。成人病を予防することが最低限の対策となります。特にEDの原因となりやすいのは、糖尿病、高血圧、高脂血症の3つです。これらの疾患を引き起こさないような生活が必須となります。食生活では野菜をたくさん食べて、体脂肪を溜め込まないようにしましょう。肥満から成人病につながることは多いため、精力減退を防ぐためにも肥満予防をしてください。
性欲や精力減退を感じる男性は、精力剤を服用することも考えましょう。健康補助食品に分類される精力剤には副作用がありません。早漏や包茎、短小などによる心因性のEDならば、これらの症状を治療することが先決です。
すでにかなり立ちが悪くなっているなら、ED治療薬を服用するのがてっとり早いです。医療機関でEDの検査を受けたあと、処方可能かどうか調べられます。服用してはいけない方もいるので、自己判断でED治療薬を服用するのは避けましょう。
個人輸入で購入する方も、服用経験のない薬の購入は避けるべきです。パートナーは男性がEDでも、決して責めてはいけません。男性は自信を喪失すると、ペニスの立ちが悪くなる性質があります。二人で話し合いをして、必要に応じて検査を受けましょう。

精力がつくと評判の食べ物

精力がつく食べ物としてすぐに思い当るのが、ニンニクやすっぽん、鰻といった食べ物です。これらの食べ物に共通しているのは、ビタミン類が多く含まれていて疲労回復効果があることです。疲れは精力の減退の原因ともなっているため、疲れを改善することが性力アップにつながっているのです。他にも精力アップのための食べ物はたくさんありますが、そのポイントは血行が良くなる成分が含まれているものが適しています。精力剤として販売されている商品にも、血行が良くなる成分は多く含まれています。血行が良くなれば勃起障害の改善の効果が期待できます。また、血行が良くなることは身体の老廃物を排出して疲労を回復する効果もあります。そして海外ではセックスミネラルと呼ばれている亜鉛とセレンが含まれている食べ物も精力アップのために取りいれたいものです。亜鉛が不足すると精力減退や勃起障害、前立腺肥大を引き起こしてしまうため、取りいれておきたい成分です。セレンも不足すると精子の数や運動能力を低下させてしまうため、積極的に摂取したいものです。
具体的には亜鉛が多く含まれているカキやスルメ、ナッツ類、ナチュラルチーズ、セレンはワカサギやイワシ、乳製品に含まれているので、これらの食品を積極的に摂取するようにしましょう。他にも栄養価が高く、生命力がつよいニラ、アミノ酸の一種で血行促進効果のあるシトルリンが含まれているスイカ、性ホルモンの分泌を活発にして、血流量の増大効果もあるアルギニンが含まれている山芋、意外なところでは男性ホルモンの分泌量を増やすビタミンEが多く含まれているアボカドも精力をつける効果が期待できます。
これらの食べ物をバランスよく食生活に取り入れていくことで、自然と精力がついて来るでしょう。

サプリや運動でも精力をつけられる!

精力をつける方法には、サプリや運動もあります。ED治療薬を服用するのは最後の手段と考えましょう。薬は保険の適用外ですし、根本から治す手段とはなりません。サプリで精力をつけるなら、亜鉛とプロテインの組み合わせがおすすめです。食生活が乱れている方なら、総合ビタミン・ミネラルも加えるといいでしょう。精力減退が気になるときは、すぐに精力剤を飲もうと考える方がいますが、基本栄養素を欠乏させてはいけません。すべての栄養素が正常に機能するためにはビタミンとミネラルが欠かせません。
運動は筋力と持久力を強化するために役立ちます。摂取したタンパク質を筋肉に変えるためには運動が必要なのです。ジョギングやランニングなどの運動を行うことで、心肺機能が向上してスタミナがつきます。セックスをするときスタミナ不足を感じる方は、運動が不足している可能性があります。足腰に負担をかけたくない方には、ウォーキングがおすすめです。運動は強度の問題よりも、継続的に行うかどうかが重要です。ウォーキングなら肥満の方も続けやすいので、1~2日に1回は行いましょう。人間は運動をしないと老化が早くなります。
無理な運動をすると体内の活性酸素を増やしますし、ビタミン不足を引き起こすこともありますが、適度な運動は男性機能を維持させるためにも必要なのです。運動をすることで下半身の筋力も強くなり、勃起力を高めることにもつながります。下半身の血流が悪くなると、勃起時のペニスの硬さにも影響してきます。人間の身体は運動不足になった部位から脂肪が付着していきます。脂肪が付着して体脂肪でブヨブヨになった部位は、血流も悪くなるものです。精力をつけるためには、栄養素の補給と運動による筋力増強が欠かせません。

ページトップへ